楽譜を書くためのポイント!まずはドレミファソラシドから始めよう。


定年後の趣味にDTMを始めようと思い立ちました。

なにから始めたらいいのか?
調べてみてそこで初めて、楽譜が書けないということに気が付きました。

楽譜が書けなくても打ち込みという手があるみたいですが、

打ち込みとは
 

MIDI音源などを制作するためのシーケンサやシーケンスソフトに、演奏情報を入力すること。演奏情報には、音の強弱や音程、音色の変化、リズムなど、さまざまな要素が含まれる。演奏情報は、MIDI信号としてMIDI音源に送られ、それを発音させる。 

                                    コトバンク

打ち込みの画面を見たら
「楽譜よりわかりにくいんじゃない?」
直感的にそんな思いが・・・。

楽譜での入力のほうが、感覚的にわかりやすいと感じたのです。

だって打ち込みの画面ってこんなのですよ。

正直言って、「よくわかりません」
というわけでドレミファソラシド」の楽譜への書き方を覚えたいんです。

 

「打ち込み」ってわれわれの年代にはなんかとっつきについですね。
音符に慣れてくると、楽譜のほうが直感的にわかりやすいです。

それでは「ドレミファソラシド」の楽譜への書き方、
基本から始めましょう。

この先を読んでいただいたら、「ドレミファソラシド」をスムーズに楽譜に書くことができるようになっています。

(あなたのやる気にもかかっていますけど・・・)

 

それでは、始めます。楽譜を書くためのポイントからです。


まずは、「ドレミファソラシド」の復習です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ドはどの音?

[ドレミファソラシド」ってこんなのでしたね。

形は合ってます。
ここでちょっと疑問が?

「ド」はどの音

」と一口に言ってもいろいろな音の高さの違いの「」があります。

せーの!と同時に「ドレミファソラシド」と歌ってみたら、

自分が歌った「ドレミファソラシド」と、
カミさんに歌わせた「ドレミファソラシド
バラバラです。ぜんぜん違う音の高さです。

 

「ドレミファソラシド」ってどの音を書けばいいんでしょう?

基本の「」はキーボードの鍵盤で表すとこの「」です。

キーボードの真ん中にある印のついた「」です。

この「ド」が基準になります。
ハ長調の「ドレミファソラシド」です。

ドレミファソラシド」を何に書いたらいいんでしょう?
ベストな方法は?

「ドレミファソラシド」を何に書けばいい?

PC上には楽譜作成のソフトがたくさんあります。

ありますが・・・、使いこなすには努力が必要です。はっきり言って「難しい」です。
私もいくつかトライしてみました。が、挫折しました。

音符を入力するのに音符のマークを選び、五線譜まで音符を運んで置いてみたら「あれ!違う音符だ」
「削除するのはどうやるんだっけ?」
「マニュアルはどこだっけ?」

そんなふうに悪戦苦闘したのです。

 

  こんなの見たことありますか?

 

五線譜です。

音楽ノート」というノートがあります。小学校の音楽の授業以来みたこともありませんでした。

実際やってみると、おすすめです。
勉強している実感が沸き起こります。

ノートに鉛筆!これが絶対です。

書き方を間違っても消しゴムでさっと消すだけで次に進めます。

実際にノートに書いてみることを提案します。

 

 

 

ノートが準備できたら、書いていきましょう。

「ドレミファソラシド」の書き方

基準の「」はどこに書いたらいいでしょう?
五線の中には「」を書く場所がありません。

ここに書きます。五線からはみ出します。
五線譜の五本の線の下です。
これは決まりごとです。覚えるしかありません。

五本の線のもう一本下の線ということで「」の音符に横に短い線を入れます。

なんか土星みたいな形になってしまいます。

この「」の音を基準にして「レミファソラシド」と順に上に向かって書いていきます。

 

その前に、
上の楽譜って何かが足りなくない?

楽譜にはたしかこんな記号みたいなものがあったはずでは?

 

なかなか「ドレミファソラシド」が書き始められません。
音楽の知識って面倒なんですね。

記号について調べてみました。

音部記号

ト音記号

五線紙に音符を記入する前に、必ず書かなければならないものです。

  ト音記号」です。

書く場所は一番左の端です。

 

(隣りにある4/4は拍子の記号です。後述します)

この役目はなにかというと、

ト音記号」が書かれると音を書き込む場所が決まります。

」はここに、「」はここにというようにです。

この記号がないと、どこにどの音を書いたら良いのかわかりません。

(なぜ「ト音記号」というのかの理由がありますが、今回は触れません。話が長くなりますので)

 

ヘ音記号

音部記号には他にこういうのもあります。

  こちらは「ヘ音記号」といいます。

ト音記号」の書かれた楽譜より下の音、楽器で言えばベースなどの低音部の音を記入します。

こんなふうに書かれます。

(その他「ハ音記号」もありますが現段階で覚える必要はありません)

 

上の「ト音記号」の図で4/4は拍子記号であるとお伝えしました。
もう少し詳しく見てみましょう。

拍子記号

2拍子、3拍子、4拍子とか聞いたことありますね。それを楽譜上で表す記号です。
6/8拍子とか現段階ではちょっとむずかしい拍子もあります。

ここでは4/4拍子についてだけ触れておきます。

意味はこういうことです。「何拍で?/どの音符で?」

上の4/4の場合は、「1小節に4分音符が4拍入りますよ」ということになります。

なのでこれは、4拍子です。

混同しないでください。
入る音符が4分音符だけということではありません。

1小節のリズムが「タン・タン・タン・タン」と4つ刻むということです。

音で説明しますね。 音が出ます。音量に注意してください。

 

 

4拍子についてはなんとか理解できました。もう一つ、音符についても調べてみました。

上で説明した4分音符についてです。

音符(4分音符)

これが4分音符です。

1拍の基準になります。音で表すと「タン」です。
1小節にこの音符が3つ入ると3拍なので、3/4拍子になります。

五線譜に音部記号と拍子記号を書き込むことができました。
4分音符で「ドレミファソラシド」を記入してみます。

4/4拍子なので1小節に4分音符が4個入ります。
「ドレミファ」まで1小節に記入できます。

 

これが完成形です。4/4拍子で4分音符で書くと2小節で書けました。

 

音で聴いてください。音が出ます。音量に注意してください。

ハ長調」の4/4拍子の「ドレミファソラシド」です。

拍子記号が4/4 じゃなかったことに気が付きましたか?

Cみたいな記号になっていましたね。これも4/4と同じ4拍子の意味です。

(以前に録画しておいた映像を使ってしまいました。ゴメンナサイ)

 

ハ長調」の4/4拍子の「ドレミファソラシド」を楽譜に書くまでの作業についてお伝えしてきました。

今回はこのへんでまとめさせていただきます。

まとめ

楽譜を書くための初歩的な知識についての記事です。

五線譜に「ト音記号」を書く理由についてお伝えして、

拍子記号についてと、

今回「ハ長調」の4/4拍子の「ドレミファソラシド」を書くのに使用する4分音符についてお伝えしました。

拍子について詳しいことはこちらのの記事で書いてます

音符の種類!長さや拍子の違い、休符も覚えてリズムを表現してみる。

 

ぜひとも音楽ノートを購入してください。

そこに鉛筆で書き込んでいくと必ず覚えます。

楽譜が書けるようになること、イコール、楽譜を読めることです。

 

楽譜が書けるようになると、

ふと思いついた鼻唄を作曲ソフトで楽譜にして、アレンジを施して、自分オリジナルのカラオケを作る

そんなことができるようになります。

音符について、休符について、リズムについて、
もっと詳しく知りたいと思ったら、こちらの記事を御覧ください

音符の種類!長さや拍子の違い、休符も覚えてリズムを表現してみる。

 

楽譜が書けるようになったら、DTMに挑戦してみませんか?

SingerSongWriterLite9試用版で試したい3つのこと

 

こんな曲が作れます。

作品紹介の記事です。

自作ボカロミュージックビデオ|作品集

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました