音程と音階の違いって何?音名と階名の違いって何?2つの疑問解決に挑戦!

「音程と音階」、「音名と階名」
なんかこんがらがっちゃって違いがよくわからないんだけど・・・。

だれかわかりやすく教えてくれないかな?

 

「音程と音階」、「音名と階名」
並べてみると確かによくわかりませんね。上手く説明するのも難しいですね。

しかし、曲を作るために必要なコード(和音)についての知識を身につけるために、これらの違いを確認しておく必要があります。

「ドレミファソラシド」を楽譜に書いただけでは理解できません。

 

「ドレミファソラシド」を楽譜に書くのを忘れてしまっていたら、
こちらで復習をしてみてくださいね。

楽譜を書くためのポイント!まずはドレミファソラシドから始めよう。

楽譜を書くためのポイント!まずはドレミファソラシドから始めよう。
定年後の趣味にDTMを始めようと思い立ちました。 なにから始めたらいいのか? 調べてみてそこ...続きを読む

 

この先を読んでいただいたら、「音程と音階の違い」、「音名と階名の違い」
この2つの疑問がちゃんと解決できます。

(あなたのやる気にもかかっていますけど・・・)

 

始めましょう!

まずは 「音程と音階の違い」についてからです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

音程と音階の違い

音程

カラオケなどでよく「音程悪いな、音痴じゃね~?」などと言っている人を見かけます。

ここで言う音程とは、それとは違います。

音程とは、ある音と音とがどれくらいの高さで離れているかということです。

Q.「ド」と「レ」の音の隔たりはどれくらいありますか?

A. 2度です。

Yahoo!知恵袋だとこんな流れですかね。
せっかくの回答ですが、この短い回答だと理解できませんよね。

大丈夫です!

当記事ではもっと丁寧な説明をしますから。


「ド」と「レ」の隣通しの音の音程は?

ちなみに音程は「」で表します。

 

質問「ド」と「レ」の音の隔たりはどれくらいありますか?

あなた
あなた

1度じゃないか?

普通はそう思いますね。しかし音程の数え方はそうじゃありません。

「ド」自身も1度と数えるのです。まず、「ド」から「ド」へ1度です。

「ド」から「レ」へもう1度。合計「2度」になります

 

ではこの場合の音程は?

  「ド」から「ソ」ですね。

ド レ ミ ファ ソ

「ド」から「ド」で1度でしたね。あとは1度ずつ足していけば良いわけです。

「レ」で2度。「ミ」で3度。

「ソ」までは「5度」です。

五線譜に次のように音符を書いて、起点の音を1度にして数えるとわかりやすいです。

 

続いて「音階」の説明です。

音階

これが「音階」です。

高さの順に並んでいますね。

この場合は「ハ長調」の「音階」になります。

「ドレミファソラシド」の8つの音をオクターブといいます。

 

音階の種類

ブルーススケール、ペンタトニック・スケール、日本独自の雅楽の音階、インドの音階などたくさんの音階があります。

 

音程と音階については理解ができましたね。そんなにややっこしくは無かったと思います。

次は「音名」と「階名」についてです。これは混同しがちです。しっかりと覚えておく必要があります。

音名と階名の違い

音名

ピアノやキーボードのこの音が、

ト音記号の付いた「ト音譜表」のこの音になります。

これは決定事項です。変わることはありません。

鍵盤上に図のように並びます。

曲作りをするためには、コード(和音)について学んでいくことになります。

これから先は、音名の呼び方を「ドレミファソラシド」ではなく「CDEFGABC」と読んでいくことにしましょう。その理由は次の階名の説明の中で述べます。

図で示します。

この「CDEFGABC」はいつもこの位置です。楽譜に#や♭がいくつ付いたとしても動きません。

 

ここからは「階名」についての説明です。

階名

突然ですが、

ドレミファソラシド」と歌って、スマホにでも録音してください。

次にピアノかmidiキーボードで「C」の音から「ドレミファソラシド」と音を鳴らして比べてみましょう。

いかがでしたか?同じ音で歌っていましたか?

もし同じ高さの音で歌えていたら、あなたは絶対音感の持ち主です。

ほとんどのあなたは、微妙にあるいはえらく違う音で歌っていたはずです。

始まりの「」の音が違っていたはずです。

 

始まりの「」の音が違っていたはずなのに、ちゃんと「ドレミファソラシド」と聞こえますね。

あなた
あなた

そうだな!

何故なんだろう?

ありがとうございます。その疑問をいただきたかったのです。

 

始まりの「」の音が違っていても、どうして「ドレミファソラシド」と聞こえるのでしょうか?

音の並び方を見てみましょう。

ハ長調の音階です。白鍵だけで「ドレミファソラシド」が弾けます。

よく見てみると、

」と「」の間の上の方に黒鍵がありますね。「」と「」の間にもあります。

次の「」と「ファ」の間にも・・。

「ン?」黒鍵はありません。

」と「」は間に黒鍵があるので 半音+半音で、全音離れている と考えます。

(「」から黒鍵までは半音、その黒鍵から「」までは半音離れています)

」と「」についても同じように間に黒鍵があるので、全音 離れています。

次の「」と「ファ」は?

間に黒鍵はありません。 半音 しか離れていません。

 

ずっと見ていくと、

ファ」と「」。「」と「」。「」と「」。は 全音離れて います。

「「」と「」は間に黒鍵がありません。 半音 の離れでした。

」から「」までを書き出してみます。

ド-全音-レ-全音-ミ-半音-ファ-全音-ソ全音-ラ-全音-シ-半音-ド 

 

ドレミファソラシド」の8つの音が上の全音、半音の規則で並ぶと、始まりの音が違ってもちゃんと「ドレミファソラシド」と聞こえるのです。

覚え方があります。

全 全 半 全 全 全 半

と覚えます。

例えば、あなたが歌った「ドレミファソラシド」の始まりの音が、ピアノで確かめたらこの音だった場合。音名でいうと「E」の音になります。

この音から順に「全 全 半 全 全 全 半」の音の並びで歌っていることになります。

鍵盤で弾くと以下のようになります。

難しいですね。だいぶ黒鍵を使うことになりました。(もしかしてあなたの性格ですか?)

冗談はともかく、「E」から「ドレミファソラシド」が始まっているので、これが「Eメジャー」のスケールとなります。

楽譜を見てみましょう。

黒鍵で弾いた「」に楽譜では#が付いています。

音を確かめてみましょう。

(音源:SingerSongWriterLite9.5利用)

ドレミファソラシド」に聞こえますね。

鍵盤上のどこの音から始まっても「全 全 半 全 全 全 半」の並び方をすれば、「ドレミファソラシド」と聞こえるわけです。

先ほどの章で

これから先は、音名の呼び方を「ドレミファソラシド」ではなく「CDEFGABC」と読んでいくことにしましょう。その理由は次の階名の説明の中で述べます。

と言ったのは、これのことです。

ドレミファソラシド」を固定の「音名」と覚えてしまうと、ややっこしくなってしまいます。

頭がこんがらがってしまいます。そうなったら楽しめないですよ。

ドレミファソラシド」はあくまで、ハ長調のメジャースケールです。

 

音名」は「CDEFGABC」で覚えましょう。

そして「階名」の「ドレミファソラシド」は始まる音によって「」の位置が移動します。

 

 

音程と音階の違い」、「音名と階名の違い」について理解できましたか?

もう一つここで知っておいたほうが良いと思うことをお伝えします。

 

日本語の「音名」もあります。

これを知ると「ハ長調」の意味、「ト音記号」の意味が理解できます。

日本語の「音名」ハニホヘトイロハ

日本語の「音名」

「ハニホヘトイロハ」についての知識もあれば良いのかなと思います。

あなた
あなた

なんでハ長調っていうんだ?

という疑問や。

あなた
あなた

ト音記号?ヘ音記号?

というあなたのために、ちょっと説明させていただきますね。

 

 

「CDEFGABC」を説明しました。

日本語での「音名」もあるのです。

「C」が「」。「B」が「」・・・・と付けられています。

音名」なので固定です。「C」の位置は必ず「」です。

ハ長調

」の音から「ドレミファソラシド」が始まるので「ハ長調」といいます。

階名」の説明の中で「E」から始めたスケールは、

「E」は「」の音なので「ホ長調」となります。

ト音記号、ヘ音記号

「ト音記号」は五線譜の「」の場所から記号を書き始めます。

「ヘ音記号」は五線譜の「」の場所から記号を書き始めます。

なので「ト音記号」「ヘ音記号」と呼ばれます。

理解できましたか?

音楽の知識っていうのは似たような言葉があって、とっつきにくいなと思っていました。
少しずつ馴染んでいくしかありません。

 

すべて覚える必要は無いです。

作曲ソフトが知識不足を補ってくれます。ただソフトによって機能が違うので補ってくれる部分が変わってきます。

ある程度の基本的な知識を身につけておくと、スムーズに曲作りを楽しめます。

 

今回はここまでにします。

まとめさせていただきます。

まとめ

今回は、

音程」と「音階」について

音名」と「階名」について

それぞれの違いを見てきました。

似たような言葉なので一度覚えたつもりでも、「あれ!なんなんだっけ?」というときが必ずやってきます。

このページは備忘録として「ブックマーク」しておいてください。

日本語の「音名」と、「ト音記号」「へ音記号」については覚えておかなくてもいいことなのですが、一つの「うんちく」として頭の片隅にでも残しておいていただけたらと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました