サンタクロースへの手紙の書き方(文例付き)

 

「サンタさんへ手紙を出したい」

5歳になる孫にそんなことを突然言われましてね。

ふと、今年ももうすぐクリスマスなんだな~。と思った次第です。

 

いや、感傷に浸っている場合じゃない。

「どうすれば良いんだ?」

あなたもこんなことを言われるときがあるかもしれません。

 

その時のために調べました。備忘録としてこの記事は大事に保管しておいてください。

 

もし、あなたのお孫さんがなにも言ってこなかったときには、

あなたの方から、

「サンタさんにお手紙書いてみようか?」と持ちかけることもできます。

そうしたら、こう言われることでしょう。

「じいじ、すごいね~!」

 

お孫さんに対して鼻高々になれること間違いないです。

 

今回は、「サンタクロースへの手紙の書き方」の参考記事になります。

 

 

始めます。

サンタクロースへの手紙の書き方(文例付き)

こんな文例を作ってみました。

5歳の孫の気分になってフレーズを考えました。

 

文例)

サンタさんお元気ですか?

僕の名前はたろうです。

サンタさんはどこからくるんですか?

どうやってくるんですか?

トナカイのソリは何処に置きますか?

僕の家には煙突が無いけど大丈夫ですか?

ぼくがいい子かどうかどうしてわかるんですか?

ことしは自転車がほしいんです。

僕の起きているときにきてください

楽しみに待ってます。

弟も一緒にまってます

 

一応英文に翻訳してみました。

How is Santa?

My name is Taro.

Where does Santa come from?

How come?

Where will you put the reindeer sled?

There is no chimney in my house, but is it okay?

How do you know if I am a good boy?

I want a bicycle this year.

Please come when I am awake.

I am looking forward.

My brother is waiting for me.

 

凄いな!英語ができるんですね

 

いや、実はこれを使いました。グーグル翻訳です。

 

検索窓に「ほんやく」と入れるとすぐでてきます。

左側に翻訳してほしい日本語の単語や文章を入力すると、右側に希望の言語で翻訳されます。

こんな具合です。

ある程度の文章なら英語に変えることができます。お孫さんの考える文章ならなんの問題もないでしょう。

鼻高々になってください。

 

文章を作っただけではお孫さんは満足しませんね。

実際にサンタに手紙を出す方法なんてあるのでしょうか?

孫の考えた手紙の文章を英文に翻訳して鼻高々になったのです。ここで失敗するわけにはいきません。

確実なのはここ!

カナダです。

カナダのサンタクロースに手紙を出す

調べてみると、カナダの郵便局のサービスでした。

 

こんな内容です。

 

♥サンタクロースへの手紙を配達をしてくれる

♥サンタクロースからの返事を代筆して世界中に届けてくれる

♥返信用の切手代は不要

♥日本語で書いて出すと、日本語で返信される

 

日本語で返信してくれる?って!
(せっかく英語に翻訳して良いところを見せたのに鼻がへし折られちゃいました)

しかし、これが本当なら凄いサービスです。

しかも必要なのは手紙を送る切手代だけです。

トライしてみることにしました。

手紙の出し方

送料は?

手紙の重量で実際の切手代が違ってきます。

茨城県からカナダ、手紙の重さ20グラムの場合

 

航空便の料金は、

なんと、「110円!」です。

 

定型サイズはこの大きさです。

参照 日本郵便 サイズ・重さ(定形郵便物・定形外郵便物)より

 

もし重量が気になるなら、エアメール用の封筒を利用すると安心です。

 

肝心の宛先は何処へ?

これがサンタクロース・カナダの住所です。

Santa Claus
 North Pole H0H 0H0 
 Canada

 

住所の先頭に ’To’を付けて

To
Santa Claus
 North Pole H0H 0H0 
 Canada

とします。

 

自分の住所、名前は左上に書きます。不安な場合は郵便局の窓口で教えてくれます。

住所は番地から書きます。最後にJAPANです。

「サンタさんに手紙を書きたい!」

孫の一言で「書き方」を調べていたら、サンタクロースから返事がもらえるサービスが有るのを発見してしまいました。

 

しかも海外のカナダへエアメールを送るのです。

はじめての経験ができます。

 

今、孫と郵便局に行ってきました。

 

「いつ返事が届くんだろう?楽しみだね。クリスマスにくるといいね」

そう言うと、孫が一言。

 

「パパのサンタも来るよね!」

「???」

 

5才児がパパがサンタだってこと知っているのか?

たぶん違う意味で発した言葉であることを願いつつ、まとめます。

まとめ

「サンタさんに手紙を書きたい」と孫に言われました。

はたしてどんな内容の文章を書けば良いのかを調べて、挙げ句に英訳まで施して孫に対して「じいじは凄いだろう!」

鼻高々になって。

 

実際に手紙をを出すことは出来るのかを調べてみました。

すると、カナダに驚きのサービスを見つけました。

 

なんと!文面は日本語でOKなのです。

 

「なんで英語で書かなかったの?」

 

「英語で書いて出すと、返事が英語で書かれてくるからだよ」

とは言えませんでした。(涙)

 

追伸

趣味で作ったマイクリスマスソングです。聴いてください。

404 NOT FOUND | 60'slog

 

リライト待ちの記事
60'slog

コメント